需要増大!中国語翻訳を依頼するときに気を付けておくべきこと

本と男性

料金は出来高になる翻訳会社

オッケーサイン

翻訳を業者に任せるとなると、所定の費用は発生する事になります。その料金は、原則として出来高制になるのです。いわゆる固定料金ではありません。
例えば、翻訳をしてもらいたい文書の文字数が6,000程度だとします。その場合、その文字数に単価を乗じた数字が依頼料金になるのです。したがって1文字1.5円の場合は、9,000円になります。もちろん1文字2円なら、12,000円になるのです。ちなみに単価などは、翻訳会社によって異なります。ただ上記のように文字数ではなく、もっと別の基準になっている会社もあります。例えばある翻訳会社の場合は、A4の紙一枚での単価によって算出されるのです。紙1枚での料金が1万円ならば、10枚分では10万円という事になります。もちろんそれを、業者によって料金は異なるのです。更にA4の紙でなく、原稿用紙が基準になっている事もあります。原稿用紙1枚分で15,000円なら、やはり上記のA4と同じく枚数によってトータル金額が算出される訳です。
このように出来高によって料金が算出されるのが、翻訳の大きな特徴と言えます。固定料金ではありません。したがってどれ位のお金がかかるかは、どれ位のボリュームの文章を翻訳して欲しいかに左右されるでしょう。多くの枚数の翻訳を望むと、それだけ多くの料金が生じるからです。

INFORMATION

TOP