需要増大!中国語翻訳を依頼するときに気を付けておくべきこと

本と男性

翻訳を頼むにはどうすれば良いのか?

ガッツポーズをする二人

翻訳を頼む時に誰に、どうやって頼めばいいのか分かりませんよね。私は翻訳家として思い切ってフリーランスになった時に「どうやってお客さんを探せばいいのだろう?」と悩んだ時期がありました。思い切って会社を辞めて、「さあ!フリーランスとしてがんばろう!」なんて意気込んでいましたが仕事が探せない状況に陥ってしまいました。
そんな時に翻訳会社をしている人にたまたま出会って翻訳会社に登録するよう勧められました。翻訳会社に翻訳家として登録する際にはトライアルといってその人の翻訳家とてのレベルをはかるテストがあります。もちろんそのトライアルで落とされる事もあります。トライアルを通過した人のみ登録できるシステムになっています。また翻訳会社には翻訳家が翻訳した書類をチェッカーという人が再度チェックしていますので品質は問題ありません。
私は個人的に翻訳の仕事を請けた事があるのですが、あとあと翻訳料金の領収書が発行できずに問題になってしまった経験があります。会社ではないので税務署が認める領収書を発行する事ができないので依頼者の方にとっては経費で落とせず困ったと言われました。そういう色々な点をふまえると多少料金は高くなりますが、翻訳会社を通して質の良い翻訳家に頼んで、見積書・領収書を発行してくれる所に頼むのが一番良いと思います。

INFORMATION

TOP